租税調査会研究報告第38号「グループ通算制度と実務上の留意点」の公表について

2022年05月10日 更新

 日本公認会計士協会は、2022年4月14日に「租税調査会研究報告第38号「グループ通算制度と実務上の留意点」」を公表しました。
令和2年度税制改正において、これまでの連結納税制度に代わり、グループ通算制度を創設し、令和4年4月1日以後に開始する事業年度から適用されることとなりました。当該研究報告は、グループ通算制度の税務実務において資するべく、連結納税制度からグループ通算制度への移行の背景も踏まえ、実務上の留意点等などを取りまとめて報告したものです。

詳細な内容は、以下のウェブサイトを参照ください。
https://jicpa.or.jp/specialized_field/20220427iag.html

以上