改正実務対応報告第40号「LIBORを参照する金融商品に関するヘッジ会計の取扱い」の公表

2022年03月23日 更新

企業会計基準委員会(以下、「ASBJ」)は、2022年3月17日、改正実務対応報告第40号「LIBORを参照する金融商品に関するヘッジ会計の取扱い」(以下、「本対応報告」)を公表しました。

2020年9月29日に公表された実務対応報告第40号「LIBORを参照する金融商品に関するヘッジ会計の取扱い」(以下、「2020年実務対応報告」)は、ロンドン銀行間取引金利(London Interbank Offered Rate。以下、「LIBOR」)の公表が2021年12月末をもって恒久的に停止され、LIBORを参照している契約においては参照する金利指標の置換が行われる可能性が高まっていることに対応し、LIBORを参照する金融商品について必要と考えられるヘッジ会計に関する会計処理及び開示上の取扱いを明らかにすることを目的としていましたが、2020年実務対応報告の公表時には金利指標の選択に関する実務や企業のヘッジ行動について不確実な点が多いため、2020年実務対応報告では公表から約1年後に、金利指標置換後の取扱いについて再度確認する予定とされていました。
本対応報告は、その取扱いについて2021年12月24日に公開草案として公表され、広くコメント募集を行った後、ASBJにて検討して公表するに至ったものです。
なお、本実務対応報告の公表時点で、米ドル建LIBOR及びそれ以外の通貨建てのLIBORに関する不確実性が完全になくなったということでもないため、金利指標置換後の取扱いについて再度の確認を行う時期を1年後に限定せず、将来必要な場合には改めて確認を行うこととされています。

詳細な内容は、以下のウェブサイトを参照ください。
https://www.asb.or.jp/jp/accounting_standards/practical_solution/y2022/2022-0317.html

以上