「Q&A 収益認識の開示に関する基本論点」の公表について

2022年02月21日 更新

日本公認会計士協会は、2022年1月31日、「収益認識に関する会計基準」の開示(表示及び注記事項)に関する理解を深めることを目的として、基礎的な論点について図表等を用いて解説した資料を取りまとめて公表しました。

今回、公表された資料は次の通りです。
・損益計算書
・損益計算書(重要な金融要素)
・貸借対照表
・重要な会計方針
・収益認識に関する注記
・収益の分解情報
・収益を理解するための基礎となる情報―契約及び履行義務に関する情報
・収益を理解するための基礎となる情報―取引価格の算定に関する情報
・収益を理解するための基礎となる情報―履行義務への配分額の算定に関する情報
・収益を理解するための基礎となる情報―履行義務の充足時点に関する情報
・当期及び翌期以降の収益の金額を理解するための情報―契約資産及び契約負債の残高等
・当期及び翌期以降の収益の金額を理解するための情報―残存履行義務に配分した取引価格
・当期及び翌期以降の収益の金額を理解するための情報―残存履行義務に配分した取引価格(実務上の便法)

詳細な内容は、以下のウェブサイトを参照ください。
https://jicpa.or.jp/specialized_field/20220131gad.html

以上