有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項及び有価証券報告書レビューの実施について(2021年度)

2021年04月20日 更新

金融庁は、2021年4月8日に、「有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項及び有価証券報告書レビューの実施について」を公表しました。

1.有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について
2021年3月期以降の事業年度に係る有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項は以下のとおりです。
(1)新たに適用となる開示制度に係る留意すべき事項
 ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」
 ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」の改正
(2)有価証券報告書レビューの審査結果及び審査結果を踏まえた留意すべき事項
・2020年度の有価証券報告書レビューの審査結果及びそれを踏まえた留意事項が別紙で 公表されている。

2.有価証券報告書レビューの実施について
2021年3月期以降の事業年度に係る有価証券報告書のレビューについては、以下の内容で実施するとされています。
(1)法令改正関係審査
    ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」及び「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」の改正について、記載内容を審査する。
(2)重点テーマ審査
・新型コロナウイルス感染症に関する開示
   ・IFRS15「顧客との契約から生じる収益」(主に指定国際会計基準を任意適用する会社が対 象)
(3)情報等活用審査
・上記に該当しない場合であっても、適時開示や報道、一般投資家等から提供された情報等を勘案して審査する。

詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。
https://www.fsa.go.jp/news/r2/sonota/20210408.html