「記述情報の開示の好事例集2020」の追加・公表及び「政策保有株式:投資家が期待する好開示のポイント(例)」の更新について

2021年04月07日 更新

金融庁は、2021年3月22日、「記述情報の開示の好事例集2020」(2020年11月公表、2021年2月更新)について、新たに、「監査の状況」、「役員の報酬等」等の開示の好事例を追加するとともに、2019年11月に公表した「政策保有株式:投資家が期待する好開示のポイント(例)」を更新しました。
今回の更新には、「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(MD&A)」における「重要な会計上の見積り」の開示例も含まれています。

なお、「記述情報の開示の好事例集」は、ルールへの形式的な対応にとどまらない開示の充実に向けた企業の取組みを促し、開示の充実を図ることを目的として、有価証券報告書における開示例を中心に好事例を取りまとめたものとされています。

詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。
https://www.fsa.go.jp/news/r2/singi/20210322-3.html