新市場区分の概要等の公表について

2020年03月09日 更新

東京証券取引所は、2020年2月21日、「新市場区分の概要等について」を公表しました。

これは、今後の市場区分の見直しに向けて、上場会社、上場準備会社、市場関係者などにおける対応の検討及び準備に資するよう、現時点で想定される、新市場区分の概要、新市場区分への移行プロセス及び今後のスケジュールを示したものです。
各市場区分においては、時価総額(流動性)やコーポレート・ガバナンスその他のコンセプトを反映した基準を設けることとされ、新規上場基準と上場維持基準は原則共通化することとしています。上場会社は、各市場区分のコンセプトや上場基準を踏まえ、移行時に新たな市場区分を主体的に選択することとなります。

2022年4月1日の一斉移行に向けて、2021年6月末日を移行基準日として、同年7月末を目途に上場会社に対して新市場区分の上場維持基準に適合しているか否かを通知する予定としています。各上場会社は、その結果を受けて同年9月から12月までの期間中に市場選択に係る手続を行うこととしています。

詳細については、以下のウェブサイトをご覧ください。
https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0060/20200221-01.html

以上