実務対応報告公開草案第57号(実務対応報告第18号の改正案) 「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い(案)」の公表

2019年04月05日 更新

企業会計基準委員会は、2019年3月25日、「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い(案)」(以下「本公開草案」という。)を公表しました。
本公開草案は、実務対応報告第 18 号「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い」における、国際財務報告基準第 16 号「リース」及び米国会計基準会計基準更新書第 2016-02 号「リース(Topic 842)」の取扱いを検討してまとめられたものです。
本公開草案に対するコメント募集は、2019年5月27日までとされています。

詳細については、以下の企業会計基準委員会のウェブサイトをご覧ください。
https://www.asb.or.jp/jp/accounting_standards/exposure_draft/y2019/2019-0325.html